一般歯科で抜くか口腔外科で抜くか

親知らずは、トラブルの原因となることで有名な歯です。

そのため、親知らずを抜歯しなければいけないケースというのは意外と多いです。

健康的な歯を抜くのには抵抗があるかもしれませんが、親知らずの虫歯で炎症を起こしたり、歯並びを悪くさせてしまう前に抜いてしまった方が良い場合もあります。

ただし、抜歯した後は非常に不安定な状態で、顎が腫れたり、痛みが出たり、歯茎が炎症を起こしてしまうこともあります。

これだけ厄介な親知らずを抜くならばどこを受診すべきかという問題です。



普通の親知らずであれば、一般歯科で抜いてもらって構いません。歯科医であれば、親知らずを抜く技術は持っています。
親知らずの抜歯というと大掛かりな手術が必要になりそうですが、普通の親知らずならば一般歯科で抜いてもらえます。

逆に、普通でない親知らずもあります。


親知らずはほとんどの場合、まっすぐ生えてくることはありません。

親知らずの隣にある第二臼歯を押し上げるように、傾いて生えてくることも多いです。

麻布十番の歯科情報ならこちらのサイトです。

そのまま生えないで一生を終えることもあります。

この場合、智歯周囲炎などの病気を起こしてしまうこともあります。
智歯とは親知らずのことです。智歯周囲炎が起きると、喉の方や顎の下まで腫れて入院が必要になることもあります。


この場合には、一般歯科ではなく口腔外科で診てもらう必要があります。口腔外科は一般歯科に比べて外科的な処置を専門としているので、難しい手術にも対応してくれます。

東京新聞を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。