歯科治療の怖さを感じさせない無痛睡眠治療

歯科の治療で一番嫌なのは、痛いということです。歯科恐怖症の人は、ドリルの音や、消毒液のにおいを嗅いだだけで恐怖心が掻き立てられてしまうこともあります。



その恐怖感をなくせるのが、無痛睡眠治療です。

無痛睡眠治療は、麻酔で睡眠状態にした後、治療する方法です。


全身麻酔のように完全に眠ってしまうわけではなく、麻酔薬で半分眠った状態にさせます。

半分眠らせるというのがポイントで、全身麻酔よりも低リスクの麻酔になります。

鎮静効果をしっかり発揮させながら、全身麻酔よりも麻酔によるリスクを下げることができます。

livedoorニュースの情報探しはそれほど難しくありません。

治療後の覚醒も速やかに行えるので、終わればすぐに帰宅することができます。眠らせる麻酔を扱えるのは麻酔科の医師だけですが、実は歯科医でも麻酔を使いこなせる人もいます。

インプラント治療などは、チーム医療で麻酔の専門医がいることも多いです。


虫歯などの治療で使われているのは局所麻酔といって、歯茎に直接針を刺して行う方法です。

一方、無痛睡眠治療で使う針は、静脈注射といって、点滴を打つような方法で麻酔を打ちます。

池尻大橋の歯科が有名になってきました。

麻酔が効いている間は生体監視モニターを使い、呼吸の状態や血圧を確認しているので安全です。

歯科治療がどうしても怖くて治療ができないという人は、無痛睡眠治療を試してみると良いでしょう。

ただし、無痛睡眠治療はどこの歯科でもやっているわけではないので、扱っている治療院を探す必要があります。

近くの病院でやっていないかをチェックしてみましょう。