歯医者が入れてくれる義歯はすべてオリジナルのもの

歯医者で義歯を入れる場合、既存のものを入れるというわけではありません。

というのは、歯の大きさや生え方は当然、人によって様々なので、必ずオリジナルのものを作ることになるからです。では、どのように作るのかというと、たとえばブリッジの場合、まず歯医者に行ってゼリーのようなものを噛みます。

これで型を取るわけです。

型を取ったら、それは歯科技工士のところに送られます。歯科技工士とは、義歯などを作る専門の人です。

ジョルダンニュース!の情報を見つけよう。

歯科技工士は送られてきた型を元にブリッジを作り、それを歯医者のところへ送ります。

そして、歯医者はそれを患者にはめるのです。上記のように、義歯を作るにはかなりの手間がかかるまで、保険診療であっても他の治療と比べるとお金はかなりかかります。


虫歯の治療費は一回あたり数千円で収まりますが、義歯の場合、ブリッジであれば2万円から3万円程度かかることになります。

評価の高い勝どきの歯医者を利用してみる価値はありますよ。

なので、義歯を入れる日にはできるだけ多めのお金を用意しておくようにしましょう。



一般的に、型を取った後に次は義歯を入れることになるので、これぐらいかかりますと歯医者が目安の料金を教えてくれるので、だいたいその金額を持っていくといいでしょう。
義歯は自由診療でももちろん作ってもらうことが可能です。


たとえば、奥歯のブリッジをすべて白いものにしてほしい、あるいは前歯のブリッジを保険診療の義歯よりも自然に見える素材のものにしてほしいと言うと、要望に合ったものを作ってくれます。