歯科医に出来ることと出来ないこと

虫歯や歯周病菌は口のなかの常在菌で、日和見感染の1つと考えられています。
エイズや糖尿病は免疫力を低下させる病気ですが、これによって歯周病のリスクが2倍ほど高くなるということが海外の調査で報告されています。

千歳烏山の歯科の口コミ情報をまとめました。

また、虫歯の発生頻度を高めてしまうと言われています。

常在菌はその場所に定着して、その人が健康である限り、ほとんど牙をむくことはありません。


しかし、糖尿病などの病気で抵抗力が弱まった途端、危害を与えます。
糖尿病になると、虫歯や歯周病の進行速度も速くなり、歯科で治療してもいっこうに良くならないということなります。

iemo情報の差に驚きました。

これは、抵抗力が低くなったことで虫歯菌や歯周病菌の活動が活発になっているからだと考えられます。


抵抗力は病気だけではなく、加齢によっても低下します。人によっても差があります。
また、寝不足やストレス、過労によっても抵抗力が低下します。

疲れた時に歯茎が腫れた、出血した、というのは抵抗力が下がっていることが原因です。

虫歯は歯の質に大きく左右されますが、歯周病は抵抗力が下がると進行速度が速くなります。糖尿病の人は歯周病のリスクとも闘わなければいけないということです。

歯科医に出来るのは、歯のクリーニングと早期治療です。



糖尿病は専門外です。歯科で治療できない部分は、他の医療機関で治療する必要があります。歯科では、まずは糖尿病を改善させるように指示されることもあります。


歯と他の疾患の関係について理解しておきましょう。